SRM指標について

SRM指標はソーシャルメディアを通した採用活動における我々の明確な評価指標です。正確かつ客観的に、企業の採用活動におけるパフォーマンスを競争の中で査定する事を可能にします。 慎重に導かれた方程式を基に、特定のソーシャルメディアにおける測定可能な 3つの評価基準から導きだされています。

人気
企業のソーシャルメディアを通した採用活動における人気を「いいね!」/「フォロー」/「ビュー」の数から導きだしています。

アクティビティ
企業のソーシャルメディアを通した採用活動における活動量を、ビデオや写真、文章の発信がどれほど頻繁に行われているかを基に導きだしています

交流量
企業のソーシャルメディアを通した採用活動における企業とファンやフォロワーとの交流、またそれだけでなくユーザー同士がコミュニティの中でどれほど相互交流をしやすいかを評価した指標です。

それぞれの基準は、多数の独立した変数に基づき毎週計測され、週あたりのパフォーマンスを示す仕様になっています。また、御社の過去4週間の成績を考慮に入れ、週あたりのSRM指標を導きだす事で、構造安定性を確保しています。

SRM指標のFacebookへの応用

SRM指標のFacebookにおける算出基準は、主に相互交流量に重きを置いています。ファンとの交流だけでなく、ファン同士の交流量を考慮に入れ、ファンページをコミュニティ形成力の観点から評価しています。ファンによるシェアにより、より多くのファンにコンテンツが行き渡るという点から、力強いファンベースもとても重要です。FacebookにおけるSRM指標を決定する数値の混合比率は以下の通りです:

chart-facebook

人気(15%)

ファン数
企業の採用ページに「いいね!」を付けた人数。

ファン増加率
企業の採用ページに前週から「いいね!」を付けた人数の増加率をパーセンテージで示したもの。

アクティビティ(30%)

投稿数  
企業の採用ページにおける、前週からの企業による投稿数。

交流量(55%)

反応率  
企業の採用ページにおける、「企業による投稿」への前週からの反応(いいね!、コメント、シェア)の合計数を、企業による投稿数、またその週におけるファンの数で割った数値。

コミュニティー交流量  
企業の採用ページにおける、「企業ではないユーザーによる投稿」への前週からの反応(いいね!、コメント、シェア)の合計数を、ファンによる投稿数で割り、その週におけるファンの数を掛けた値。

SRM指標のTwitterへの応用

SRM指標のTwitterにおける算出基準は、主に相互交流量に重きを置いています。企業とフォロワーによる交流だけでなく、企業のツイートがどれほどリツイートされているかも重視されています。Twitterにおいても、力強いファンベースもとても重要です。TwitterにおけるSRM指標を決定する数値の混合比率は以下の通りです:

chart-twitter

人気(15%)

フォロワー数
企業の採用アカウントをフォローしているTwitterユーザー数。

フォロワー増加率 
前週からの企業採用アカウントをフォローしているユーザー数の変化率。

アクティビティ(30%)

ツイート数
企業の採用アカウントによるツイート数

フォロー数
企業の採用アカウントがフォローしているユーザー数

交流量(55%)

平均ツイート反応率   
企業のアカウントによる前週からのツイートへの反応(リプライ+リツイート)の合計を企業のアカウントによるツイート数、またフォロワーの数で割った数値

SRM指標のYouTubeへの応用

SRM指標のYouTubeにおける算出基準は、主に再生数に重きを置いています。御社による動画がどれほど再生されているかだけでなく、どれだけ長くその動画が公開されているか、また視聴者による反応も重視しています。YouTubeにおけるSRM指標を決定す数値の混合比率は以下の通りです:

chart-youtube

人気 70%)

再生数
企業のキャリアチャンネルまたはプレイリストにおける全動画の合計再生数

再生増加率
企業のキャリアチャンネルまたはプレイリストにおける全動画の前週からの再生数の変化率

アクティビティ10%)

動画の長さ
企業のキャリアチャンネルまたはプレイリストにおける全動画の長さの合計

交流量 20%)

平均YouTube反応率  
企業のチャンネルやプレイリストにおける前週からの高評価、低評価、またはコメントの合計数を動画の合計再生数で割った数値。(100%)

SRM指標のLinkedInへの応用

SRM指標のLinkedInにおける算出基準は、基盤が大事であるLinkedIn自体と同様に、主に交流量に重きを置いています。LinkedInにおけるSRM指標を決定す数値の混合比率は以下の通りです:

chart-linkedin

人気(30%)

フォロワー数  
LinkedInの企業ページにおける企業によるアップデートをフォローしているユーザー数

フォロワー増加率  
前週からの企業のキャリアアカウントをフォローしているユーザー数の変化率。

アクティビティ(25%)

アップデート数  
前週からの企業によるアップデート数

交流量 45%)

平均LinkedIn反応率  
企業のアップデートに対する「いいね!」とコメントの合計数を該当週におけるアップデート数とフォロワー数で割った数値。

SRM指標の人人網(レンレンワン)への応用

SRM指標の人人網(レンレンワン)における算出基準は、主に相互交流量に重きを置いています。ファンとの交流だけでなく、ファン同士の交流量を考慮に入れ、ファンページをコミュニティ形成力の観点から評価しています。ファンによるシェアにより、より多くのファンにコンテンツが行き渡るという点から、力強いファンベースもとても重要です。人人網(レンレンワン)におけるSRM指標を決定する数値の混合比率は以下の通りです:

chart-renren

人気(15%)

友人数
企業の採用ページの友人の数。

友人増加率
企業の採用ページの友人数の増加率をパーセンテージで示したもの。

アクティビティ(30%)

投稿数
企業の採用ページにおける、前週からの企業による投稿数。

交流量(55%)

反応率
企業の採用ページにおける、「企業による投稿」への先週からの反応(いいね!、コメント)の合計数を、企業による投稿数、またその週における友人の数で割った値。

SRM指標のWeiboへの応用

SRM指標のWeiboにおける算出基準は、主に相互交流量に重きを置いています。企業とフォロワーによる交流だけでなく、企業のブログがどれほどリブログイートされているかも重視されています。Weiboにおいても、力強いファンベースもとても重要です。WeiboにおけるSRM指標を決定する数値の混合比率は以下の通りです:

chart-weibo

人気(15%)

ファン数
企業の採用アカウントのファンであるWeiboユーザー数。

ファン増加率
前週からの企業採用アカウントをフォローしているユーザー数の変化率。

アクティビティ(30%)

投稿数
企業の採用アカウントによる投稿数

フォロー数  
企業の採用アカウントがフォローしているユーザー数

交流量(55%)

平均Weibo反応率   
前週からの企業のアカウントによる投稿への反応(リプライ+転送)の合計を、企業のアカウントによる投稿数、またファンの数で割った数値

このモニターの長所

Social Recruitment Monitor は、世界で初めて、企業のソーシャルメディアにおける採用活動を週ベースで正確かつ客観的に測定し提示することに特化したオンラインツールです。週ベースで、他の企業との採用競争の中における、御社の採用活動の位置を明確にする事ができます。

モニターについて

登録について

Social Recruitment Monitor のサービスはすべて無料でご利用頂けます。「Add your organization」と書かれたオレンジ色のボタンをクリックし、連絡先を記入する事により簡単に登録することができます。

登録する